小児鍼!!!

当院では根本治療を得意とし治療の軸として日々治療にあたらせて頂いておりますが実はもう一つ得意なものが私にはあるのです!

それが小児はり☆

小児はりは、大人と違い、鍼を刺すことはしません。
皮膚を鍼でこするだけのシンプルで安全な方法です。

乳幼児は大人と違い、皮膚刺激だけで十分に効果が上がります。
特に上背部を鍼で擦過し、他には症状により、前腕、下腿、腹部、胸部、腰部を鍼で擦過します(鍼の尖っていない部分でこする)。

計5、6回行って効果が出ないようであれば、当院での施術を中止することをお勧めしています。
(もちろん少しでも効果があるようであれば、継続してもいただいても構いません。
但し保護者の不安を煽って、ダラダラと無駄に長引かせることは絶対にしません。)

鍼灸というと、肩こりや腰痛の治療が有名なため、小児鍼灸というのは意外ではないでしょうか?ですが鍼灸によって治療可能な小児科疾患は、驚くほど多いのです。

対応できる疾患として、
夜尿症、小児喘息、虚弱体質改善、アレルギー性湿疹などが挙げられます。小児神経症の中には、夜泣き、疳の虫、食欲不振、偏食、不眠などが含まれます。
小さなお子供がいるご家庭で悩まれる症例の多くは、鍼灸で治療することができます。
鍼灸治療は副作用が少ない身体に優しい治療なので、子供にもピッタリの治療法です。
これは、鍼灸が鍼を用いて人間本来の自然治癒力を高めていく治療だから、出来ることなのです。

 

小児鍼を行うのは子供がなじみやすい女性の方がいいのかもしれないですけど当院には鍼を打てるのが院長しかおらず、もうすぐ30のおじさん(?)お兄さん(!)が施術させて頂きます(笑)

子供の事でお悩みの親御様ご相談いつでもどうぞ!